プロフィール

青木敬士(あおき けいし)1970年8月15日 北海道苫小牧市生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。卒業後母校で副手を勤めた後フリーに。書店員、DTP屋などを経たのち、某果物マークの電算機会社でサポートセンターのオペレータ経験を積み、ふたたび日芸にカムバック。現在、文芸学科准教授。DTP実習I,II 文芸特殊講義IXなどの授業を担当。著書にMacのゴミ箱から始まるネット文化論集「世界はゴミ箱の中に」(現代図書 2005年1月発行 1800円)がある。


興味のあること

バイクで旅に出ること
工場のパイプや煙突の枝ぶりを眺めること
貨物列車が走り回るような模型をつくること
Macをいじること
神林長平の小説に惚れ惚れすること

……総じてなんだかインダストリアル系。
でありながらオトコノコ的な世界には幼少の頃よりなじめず
けっこう真剣にオンナノコになりたいという
ひそかな願望をもった倒錯的なコドモだった。
高校時代、吉田秋生のコミック「吉祥天女」を読んで、話中の
『あっ そーいうのよくないと思うな “男のくせに”っていうの!
 だってさ、もとから男に生まれついてンだから、それで十分じゃないか。
それ以上“らしくする”必要なんてあるのかい?』
というセリフに共鳴。すごく視界がクリアになった。
オトコになる義務も、オンナになる必要もない。
われはわれ。
でもまぁ、トランスジェンダーやトランスセクシャルに対する関心は
ずっと続いていくと思う。


メールアドレス

aoki-kc@nifty.com     


ブログのTop へ戻る