トップページ | 【イラスト】 角田サホ 【by @natsupe】 »

2010年7月 7日 (水)

はじめに… 「発根ニク」について

発根ニク・プロジェクト発生の流れについてのお話です。

多肉植物擬人化まんが「発根ニク」本編は左サイドバーのリストからどうぞ。



■ ことの始まり

多肉植物とは、肉厚化した葉に水を蓄えることで乾燥に耐える植物たちの通り名です。

葉っぱといえば普通ぺらぺらの紙のようなものですが、多肉の葉はその名の通り、ぷりぷりしていて、とても愛らしい。

……そ
んな多肉好きな人たちがTwitter内でも多肉クラスタを形成しています。

ことの始まりは、多肉クラスタのタイムラインに現れた、
@e_lonestarさんのこんなツイートでした。

ツインテールがグリーンネックレスになってるボーカ口イド。初音ニク。多肉植物をイメージしたキャラクター誰か描いてください。

8:27 AM May 26th movatwitterから
e_lonestar
ろんすた
http://twitter.com/e_lonestar/status/14724437823

これに反応して、まもなく@ellemaiさんのイラストが投稿されます。

@e_lonestar 超やっつけで描いてみた。初音ニク。髪とか手とか多肉チックに。
http://bit.ly/aRTOEo

9:34 AM May 26th YoruFukurouから e_lonestar宛
ellemai
まい
http://twitter.com/ellemai/status/14728089444

「髪がグリーンネックレス」にプラスして
「腕がリトープス」というキャラクターデザインがここに発生しました。

そこで、のちに漫画を描くことになる僕、@AOKI_KCが次のツイートで名前を提案、定着することになりました。

「初音ニク」はすでに別ネタで描かれているので、ここは多肉らしく「発根ニク」でどうでしょう?(笑 RT @e_lonestar: ツインテールがグリーンネックレスになってるボーカ口イド。初音ニク。多肉植物をイメージしたキャラクター誰か描いてください。

2:08 PM May 26th Twitter for iPhoneから
AOKI_KC
青木敬士/AOKI KC
http://twitter.com/AOKI_KC/status/14743202099

この2010年5月26日のやりとりをきっかけに、翌5月27日には#02〜05のネームを作成。それからおよそ1ヶ月のあいだに設定とストーリーの構想を固めてから作画開始し、第1話が2010年7月2日に完成、最初はTwitter上でTwitPicに公開しました。

このサイトが出来たのは第3話公開後の7月4日(日本時間7月5日)です。



■ 制作体制について

Twitter上で生まれたプロジェクト「発根ニク」は、Twitter上で、さまざまな協力体制のもとに発展中です。

現在、漫画作者の@AOKI_KCは海外派遣中につきアメリカ合衆国・サンフランシスコ在住。

日本在住の有志からのロゴデザイン作成やイラスト作画、キャラクターbotのプログラミングなどの支援は、時差を逆手に取ったグローバル分業化しており、日本が寝ている間に漫画がアップされている! サンフランシスコで寝ている間にロゴやbotができている!といった、いわゆる「ジェバンニが一晩でやってくれました」現象をリアルに発生させています(笑)

とりあえずプロジェクト名は「発根ニク栽培農場」

Twitterのクラスタのように、とくに固定スタッフがいるわけではないオープンプロジェクトです。

この漫画自体が二次創作的なものですが、さらに二次創作としてサイドストーリー、イラスト、音楽など、どんどんひろがっていくとニクさんもうれしいと思います。


→発根ニクbotはここをクリック



■ ストーリーについて

大きな物語の流れは(僕の趣味が多分に入っていますが)いくつかのサイエンス・フィクション作品へのオマージュをこめたものにしようと考えています。

インスパイア元は「トリフィド時代」「グリーンレクイエム」「観用少女」「ヨコハマ買い出し紀行」「銀河鉄道999/昆虫惑星の螢子」……といったところ。察しのいい方は「これは日常まったり系では終わらないな」と先行きの厳しさを感じてくれるもしれません(汗)

多肉植物は乾燥に耐える強い植物です。でも、全ての逆境に耐えられるわけではなく、通常の植物にとっては順境と思われる場面であっさり腐って溶けてしまうなど、意外と脆い面も持ちあわせています。擬人化したら、きっと多彩なエピソードをつむいでくれることでしょう。

ゆっくりゆっくり成長する多肉植物の成長のように描き続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



2010年7月7日 日本から17時間遅れのサンフランシスコにて

「発根ニク」漫画作者 @AOKI_KC

|

トップページ | 【イラスト】 角田サホ 【by @natsupe】 »

発根ニク栽培農場より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106209/48833079

この記事へのトラックバック一覧です: はじめに… 「発根ニク」について:

トップページ | 【イラスト】 角田サホ 【by @natsupe】 »