« 草食獣の視界のゆりかご | トップページ | 文芸学科入試終了 »

2006年3月 2日 (木)

チェリーブラッサム舞い散る君の声に

いやはや、何ヶ月ぶり? 

あけましておめでとう、も、昔好きだったひと四人ぶんの誕生日と今は亡きペット五匹ぶんの誕生日も、年の初めから今日までの二ヵ月ばかりの間に詰まってたことに今思い当たりました。そのうちのn人は今でも好きです(私信)私信?

……さて、その二ヵ月ばかりのどこかで立ち寄った何かの店先に池があって、そこに朱色の金魚がたくさん泳いでいたわけですが。

「金魚」という名前から「カネ(現金あるいは金の延べ棒のアレ)の魚」というイメージを連想する人は少ないと思います。

字面から見れば、そういう感覚を持つ人が50パーセント超えてもいいような気がするのですが、これはきっと、金魚という言葉を、漢字なんてほとんど書けない幼い日に知ってしまうからでしょうね。

「キンギョ」という音と、あのバーミリオンに染まる小さなサカナの結びつきが全てで、「金魚」という漢字はあとからついてくる。……そういう出会い方をする人がほとんどだから、金という表意文字が、表に出てこれないのかもしれません。

名前というのは強い力をもっていて、
一度それをその名で知ってしまった人には
違う名で呼ばれるそのものの姿を見ることはできない——

もしそうなら「桜」はどうですか?

英語では「Cherry tree」 チェリーが成る木です。
チェリーは日本語ではさくらんぼですが、それはあくまで桜という木に成る実だからさくらんぼなのであって、さくらんぼ→チェリー という翻訳は、確立しているようで肝心のところが抜けています。英語の認識ではチェリーが先。日本の認識では春に短く咲き乱れる桜花が先です。桜花は桜花であって「Cherry blossoms」ではない。——チェリーを成らせる花なんて回りくどい認識をする日本人はほとんどいないんじゃないでしょうか?

アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の最終クールのオープニング主題歌がニルギリスの「sakura」になって(ニルギリス公式サイトはこちら。音出し注意。3/1現在、まさにその曲がかかります)たまたま昨日がリリース日(iPodにテレビからエンコードしたmp3を半月ばかり前に入れていたので、まだ売ってなかったの?という感じ)だったこの曲は、なかで唄われる歌詞は「Cherry blossom」でありながら、タイトルは「sakura」なんですね。

判っててやってるのかな?
それとも天然かな?
どちらにしても、けっこう知能指数高いやり口ですね。
好きですよ、こういうの。

知らず知らず「チェリブラッサ♪どこまでも舞い散る君の声に」と口ずさんでいる自分に気づいてハッとしたりします(汗)     誰が何といおうと、口ずさんでしまう曲というのは、文字通り「聞き捨てならない」曲なのです。

何度か聴いていると、「卒業」という歌詞はなくても、これが「桜」にかけて「卒業」を歌った曲なのだと気づきます。「♪夢心地の朝一番に差しこんだ光と終わってしまう恋 明日からは別々の道 そんな突然心の準備が出来ない 縮まらない何かを僕らは知っていたの?」
こうして文字だけで書くと赤面ものですけど、
曲として聴くと、ストレートすぎて逆にイイところまで行ってますよ。
「チェリブラッサ♪涙すべて忘れて、今からFall in Love 届きますか?」

さて、明日は僕の職場・日芸文芸学科入試の二次試験です。
入試実務委員なんて責任ある立場を拝命しているので、いまこの時間になっても「あれ、なんか大事な準備を忘れてないか?」と不安になるのですが、まさしくリアルに「卒業」をひかえ、文芸学科に挑戦してくれる受験生のみなさんは、もっとドキドキしていることでしょう。挑戦のステージづくりにベストを尽くそうと思います。

意志と力ある人に正しく「桜/Cherry blossoms」が咲きますように!

|

« 草食獣の視界のゆりかご | トップページ | 文芸学科入試終了 »

コメント

はじめまして、
ふらっと立ち寄ったぬんともうします。
エウレカセブンのOP動画と
チェリプロッサ(+アメイジング)が頭から離れない
日々を送っています。

お書きになった文章、たのしませていただきました。受け取り手の知性で
こんなにも深く読み取れるものなのですね。

「卒業」がテーマとは気がつきませんでしたが、切なくも高揚感にあふれたこの曲はここ最近で一番のお気に入り。
エウレカセブンのOP.ED曲を集めたCDは
ぜひとも購入したいと考えています。

投稿: ぬん | 2006年3月 9日 (木) 02時10分

コメントありがとうございます。
教職についているせいか、卒業は年単位のループで終わりなく訪れるピリオドなので、意識しやすいのかもしれません。

エウレカ第3期のオープニングが、夜明け前のまだ暗い空という、動画として見せるのが難しいシチュエーションを選んで(微妙に失敗して)いたのも、この第4期オープニングの夜明けにつなげる意図があったからかもしれませんね。

投稿: 青木KC | 2006年3月10日 (金) 16時49分

なるほど、そういう風にも取れるのですね。
気づきもしなかった(^^;

第3期OP曲、初めは正直どうでもよい印象でしたが、よくよく聞くと結構いい歌とわかり、「太陽のー真ん中でー♪」と口ずさむこともありましたよ。動画の絵は暗いしヘタでした。
(エウレカもちょっと変わってたし)
一般受けはしなさそうでしたね。

sakuraの話で独り言ですが、
頭の中でアメイジングを流し、口ずさむのはsakura(もしくはその逆)といった楽しみ方ができて飽きずに楽しめます。

投稿: ぬん | 2006年3月14日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106209/8915022

この記事へのトラックバック一覧です: チェリーブラッサム舞い散る君の声に:

« 草食獣の視界のゆりかご | トップページ | 文芸学科入試終了 »