« 秘技・Acrobatコタツ返し | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序 »

2007年8月10日 (金)

よく飛ぶ紙飛行機40周年(子供の科学9月号)

Koka0709_3  「子供の科学」という雑誌をご存知でしょうか?

いまでは「学研の科学」のほうがメジャーなのかもしれませんが、「子供の科学」は、大正13年に創刊された小中学生向けの総合科学雑誌です。創刊者原田三夫の「研究室で展開している"時代の最先端"を、これからの次代を担う子供たちに紹介したい」という編集方針を80年以上も経た現在も受け継ぎ、多くの読者に"科学の入口"を提供しています。

最先端の科学と楽しい工作を紹介して80年。
技術立国・日本を支える大人の多くが、幼き日に一度はページをめくったことがある雑誌なんじゃないでしょうか?

その歴史の半分、40年間にわたって連載されてきた巻末の切り抜き付録「よく飛ぶ紙飛行機」を設計してこられたのが、僕がひそかに紙飛行機の神とあがめる二宮康明先生です。

二宮先生の紙飛行機との出会いは、小学一年生の頃(1976年)親が転勤する同僚からもらってきた本のなかに、たまたま「よく飛ぶ紙飛行機集1」があってのことでした。ふつう汚したり折ったりしちゃダメな「本」を「切り抜く」という形にも魅かれるものがあって、すぐに作って飛ばしたものです。(北海道に住んでいたので、飛ばす原っぱにも恵まれました)

この本が幼時の僕に与えてくれた知識は、飛行機のことにとどまりません。文中の「紙飛行機を作る糊は、セメダインCがよい」という製作の手引きにより、ヤマト糊しか知らなかった僕に、貼っても紙がボコボコにならない文明の利器・セメダインCがもたらされたのです。

セメダインCの威力に感動した僕は、なんでもセメダインで工作するという、なんとかの一つ覚え状態に陥っていました。

ちょうどそのころ領空侵犯したソ連のミグ25が函館に強行着陸した亡命事件に(というかミグ25に)心惹かれ、親にねだって買ってもらったプラモデルさえ、僕はセメダインCで組み立てました。しかし翌日ミグに触れるとぽろぽろと崩壊(笑) 初めてセメダインCは万能ではなく、世の中には素材ごとに違う種類の接着剤があると気付くことになります。

まあこんなぐあいで、僕にとって二宮先生は、意義ある失敗へ優しく導いてくれた(笑)恩人でもあるわけです。

……長い前置きになりましたが、
「子供の科学」誌上の「よく飛ぶ紙飛行機」連載40周年記念記事の取材と執筆について、この僕をご指名いただけるという光栄を浴することになりました。

編集部の「だま」さん、ありがとうございます。
自分にとってはなんという恩返しのチャンス。
文章を書く仕事をしていて良かったと思える瞬間です。

取材は7月17日、東京都内某所の広大な原っぱで実際に紙飛行機を飛ばしながら行い、その記事が載った「子供の科学」2007年9月号が、今日、編集部から帰省中の北海道に届きました。

かつてその存在に出会った北の空の下で、自分が執筆した「よく飛ぶ紙飛行機」のメモリアル記事が載った「子供の科学」を手にできるなんて、どんだけラッキーなんだって!

Koka070940

「子供の科学」2007年9月号は、8月10日から書店にも並んでいますので、見かけたら、ぜひお手に取ってごらんください。

取材時のエピソードなど、機会があったらまたこのブログに書きたいと思います。

|

« 秘技・Acrobatコタツ返し | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序 »

コメント

よく飛ぶ紙飛行機1・2集、うちの実家にもありますよ。
紙を重ね貼りして強度を上げる、紙飛行機を飛ばすのにゴムを使う、みたいな「世の中には革命的な方法論が存在する」ということを教えてくれた本です。
あれの仕事って凄いっすね!

投稿: るいふ | 2007年8月24日 (金) 19時09分

ああ! ちゃんと僕よりも10年単位で若い世代にも、あの紙飛行機集は受け入れられ、引き継がれていってるわけですね。

「よく飛ぶ紙飛行機集」はいまだに本屋で買えますが、
「新選 二宮康明の紙飛行機集1〜5」も2006年に発行されました。

とくに新選・5の競技用機編に収録されている機体は、
流行の垂直上昇タイプに最適化された設計がされていたり、
ほんとアグレッシブに新しいものに挑戦していくところが素敵。

そういう生き方をしてると、ホント飽きることがないというか、
人生がいくらあっても足りないくらいなんでしょうね。

実際に二宮先生に会って、
長生き自体が目的ではない長生きがしたいと
急に考えるようになりました。

投稿: 青木KC | 2007年8月27日 (月) 19時52分

早速、amazon.co.jp で購入して読んでみました。このたびは、おめでとうございます。

いまでも「子供の科学」が存在することに少々驚き、いろいろなことを思い出しました。

確か紙飛行機は二宮氏の他に、もうひとりの作者がいたこと(名前が思い出せません)、カタパルトを引っ掛けるフックを針金やクリップで作ったこと、何人かで小学校向かいの公園で飛ばしたこともありました。

Nゲージを知ったのも「子供の科学」でした。現在は関水金属・KATOの広告も載っていないんですね。

ひさびさに「セメダインC」も買ってこようかなあ~と思っているところです。

投稿: FUKU | 2007年9月 3日 (月) 23時20分

「子供の科学」掲載号、
お買い上げいただきありがとうございます。
いま、動いたり飛んだりする模型が好きな30歳オーバーの人って
「子供の科学チルドレン」率が高いような気がします。

紙飛行機、ぜひ久々に作って飛ばしてみて下さい。
昔より設計が進んで、フックも紙で胴体と一体型になり
鉛板の重りも必要なくなってます。
ゴムカタパルトは割り箸と輪ゴム3本でOKですし

紙飛行機の連載で二宮先生ともうひとかたいらっしゃったのは
吉田辰男さんですね。
残念ながらもう他界されています。

紙飛行機と聞けば誰もが連想するチラシを折って作るやつと、
組み立て紙飛行機の中間のような、切って折って作るタイプにも
積極的に挑戦していたのが吉田さんだったはず。

鉄道模型の広告こそないものの
宇宙航空研JAXAや村田製作所の1P広告が載ってるのが
「子供の科学」の品格だなぁ、と思います。

投稿: 青木KC | 2007年9月 6日 (木) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106209/16201562

この記事へのトラックバック一覧です: よく飛ぶ紙飛行機40周年(子供の科学9月号):

« 秘技・Acrobatコタツ返し | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序 »