« 食欲不振にこの動画 | トップページ | 卒論卒制提出日です »

2008年1月 8日 (火)

天才を表現する手法・ドラマ版ハチクロを観て

今晩から始まったドラマ版「ハチミツとクローバー」
ありていに言えば、美大を舞台にしたぐだぐだ恋愛劇なんですが、
原作漫画からアニメ化、実写映画化を経て、
ついにテレビドラマにまでなってしまいました。

も一回書きますが、10字以内で要約すると
「イタいぐたぐだ恋愛劇」です。
(公式キャッチコピーが確か「登場人物全員片想い」)

それがこれほどまでに支持されたのは、
それだけ演出が優れていたからからでしょう——原作の。

なので、見続けるかどうかはひとえに演出にかかってますね。
ハチクロにおける演出の最初のハードルは、
はぐちゃんの「天才性」をどういう形で描写するか
というところにあるはずです。

で、どうだったかというと——

はぐちゃんの絵を見た竹本くんの心の声で、彼女の凄さをナレーションしてました、ってオイ!……それならそうと、「絵自体は見せない」演出にしないと、よっぽど彼女が描いた「絵」に力がないと醒めちゃいますよね。

なのに最初に絵を映してから、見た人の説明で天才性を示すなんて
演出手法として下手を打ちすぎでは?

羽海野チカさんが描いた原作での「コマ間モノローグ」を
こんなガサツな解釈で演出するとは、逆にチャレンジャーだなぁ…
という感想しか出てきません。

あと基本的なところで
いちおう原作を頭から消して観ていたけど
そうするとまったく話が見えてこなかったのは、
今日の僕の体調が悪くて熱があるからだけではないような。

ドラマの最初で新入生にカレーふるまってて
「もやしもん」のほうが実写化されたのかと思っちゃいましたよ
ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

公式サイト→フジテレビ「ハチミツとクローバー」

|

« 食欲不振にこの動画 | トップページ | 卒論卒制提出日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106209/17627528

この記事へのトラックバック一覧です: 天才を表現する手法・ドラマ版ハチクロを観て:

« 食欲不振にこの動画 | トップページ | 卒論卒制提出日です »