2008年1月 4日 (金)

【実家で発掘】銀河鉄道大時刻表

99901_2

実家というのは概して魔窟なわけですが、本棚をあさっていてこんなもの発掘してしまいました。

銀河鉄道

時刻表

近年、行き着くところまで行ってしまって「戻ってこれなくてもいいからオレを宇宙に行かせてくれ」と心の叫びを漏らすほど迷走気味の松本零士御大と比べるのも気が引けるほど、表紙の御大は柔和で健康そうですね。ホント誰でもいいから御大を機械の体をタダでくれる星まで打ち上げてやってください!

いつ出た本なんだろうとあちこち見てるんですが、どこにもリアルでの発行年月日がありません。あくまでも2966年版なんだと主張してるんでしょうか?

表紙に「映画が999倍楽しめる」とあるので、劇場版999が公開された年に出たのでしょう。とすると1979年あたりのものかと。——30年近くたつとは驚き。そりゃ御大も自分も歳とるってもんです。ちなみに自分は当時9歳。

中をめくってみます。
あれ? あの駅がない。

99902

銀河鉄道の停車駅って、

地球の次は大泉学園じゃなかった?

00003

2008年現在、西武池袋線で急行すら停まらない駅ですが、松本御大の家の最寄り駅として、銀河鉄道ではメガロポリス地球駅の次の停車駅は大泉学園になるはずなんですが……

ちょっと銀河鉄道ローカル線の時刻表も見てみますね。

99904

Σ(゚д゚|||)ガーン  ローカル線なのに
大銀河本線より小さい駅通過してるよ。

なんというカオスなダイヤ。

ちょっと路線図確認してくる……

00005

( ゚д゚ ) 終着駅が……

99906

機械の体をタダでくれる星=惑星メーテルって

オチゆーな!!

99907

この時刻表、絶対に銀河鉄道株式会社から発禁回収の憂き目にあうと思います。

発禁回収したいといえばもうひとつ、
実家に自分が9歳の時の「コスプレ写真w」が、
それもご丁寧に写真立てにいれて飾られていて……

星野鉄郎……オレ\(^o^)/28年前からハジマッテタ orz

99908

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

よく飛ぶ紙飛行機40周年(子供の科学9月号)

Koka0709_3  「子供の科学」という雑誌をご存知でしょうか?

いまでは「学研の科学」のほうがメジャーなのかもしれませんが、「子供の科学」は、大正13年に創刊された小中学生向けの総合科学雑誌です。創刊者原田三夫の「研究室で展開している"時代の最先端"を、これからの次代を担う子供たちに紹介したい」という編集方針を80年以上も経た現在も受け継ぎ、多くの読者に"科学の入口"を提供しています。

最先端の科学と楽しい工作を紹介して80年。
技術立国・日本を支える大人の多くが、幼き日に一度はページをめくったことがある雑誌なんじゃないでしょうか?

その歴史の半分、40年間にわたって連載されてきた巻末の切り抜き付録「よく飛ぶ紙飛行機」を設計してこられたのが、僕がひそかに紙飛行機の神とあがめる二宮康明先生です。

二宮先生の紙飛行機との出会いは、小学一年生の頃(1976年)親が転勤する同僚からもらってきた本のなかに、たまたま「よく飛ぶ紙飛行機集1」があってのことでした。ふつう汚したり折ったりしちゃダメな「本」を「切り抜く」という形にも魅かれるものがあって、すぐに作って飛ばしたものです。(北海道に住んでいたので、飛ばす原っぱにも恵まれました)

この本が幼時の僕に与えてくれた知識は、飛行機のことにとどまりません。文中の「紙飛行機を作る糊は、セメダインCがよい」という製作の手引きにより、ヤマト糊しか知らなかった僕に、貼っても紙がボコボコにならない文明の利器・セメダインCがもたらされたのです。

セメダインCの威力に感動した僕は、なんでもセメダインで工作するという、なんとかの一つ覚え状態に陥っていました。

ちょうどそのころ領空侵犯したソ連のミグ25が函館に強行着陸した亡命事件に(というかミグ25に)心惹かれ、親にねだって買ってもらったプラモデルさえ、僕はセメダインCで組み立てました。しかし翌日ミグに触れるとぽろぽろと崩壊(笑) 初めてセメダインCは万能ではなく、世の中には素材ごとに違う種類の接着剤があると気付くことになります。

まあこんなぐあいで、僕にとって二宮先生は、意義ある失敗へ優しく導いてくれた(笑)恩人でもあるわけです。

……長い前置きになりましたが、
「子供の科学」誌上の「よく飛ぶ紙飛行機」連載40周年記念記事の取材と執筆について、この僕をご指名いただけるという光栄を浴することになりました。

編集部の「だま」さん、ありがとうございます。
自分にとってはなんという恩返しのチャンス。
文章を書く仕事をしていて良かったと思える瞬間です。

取材は7月17日、東京都内某所の広大な原っぱで実際に紙飛行機を飛ばしながら行い、その記事が載った「子供の科学」2007年9月号が、今日、編集部から帰省中の北海道に届きました。

かつてその存在に出会った北の空の下で、自分が執筆した「よく飛ぶ紙飛行機」のメモリアル記事が載った「子供の科学」を手にできるなんて、どんだけラッキーなんだって!

Koka070940

「子供の科学」2007年9月号は、8月10日から書店にも並んでいますので、見かけたら、ぜひお手に取ってごらんください。

取材時のエピソードなど、機会があったらまたこのブログに書きたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

鬼のアシスト業

冷たい雨の朝。先週もこんな週明けだったような…

月曜日は四年生のゼミ。

提出まであとひと月ちょっとに迫った卒業制作用の長篇小説に対して、頭から書き直しが必要となるくらいの新しいエピソード設定を提案したりするなど、やることが鬼の所業と化しつつある僕ですが、面白くなる余地があるものに対して妥協したくはないのですよ。結局、気休めの嘘というのはなかなかつけないものだなぁ——と、学生に話したことを思いだしながら、話の流れで引き合いに出した村上かつらの漫画『(仮)スマ未満』と『かさぶた』(村上かつら短編集2と1に所収)を、帰ってから読みかえしています。

ミュージシャン志望の自分探し男に対して
「どうすれば満足なの?
 いつになったら
 片手でメンボ(音楽雑誌のバンドメンバー募集)のページ
 めくりつづけるのをやめるの?」
と、一番痛いところを突くオンナノコのセリフとか。

叩く尻がいくらでも発生するこの季節には
すごくお似合いの作品集かもしれません(汗)

061127_katura

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

終業後、模型同好の士であるスタッフT氏とともに
デッドストックの掘り出し物目当てで
練馬の某模型店を初訪問。
見た目は街の小さなオモチャ屋なのですが、

Σ(゚Д゚  なんと。

ヤフオクでおとしそこねた
1/150スケールのレーサーバイク
(指先に乗るくらいの大きさ)が
定価で売れ残ってるし! 

061127pony

いやー、こんな近くに幸せが隠れていたなんて
青い鳥の童話のようだね(言い過ぎ)

それでも昼間、僕の携帯型HD(80ギガ)が
過熱してお亡くなりになった痛みの代償にはなりませんて。
ゼミ誌の編集、一週間前の時点に逆戻りですよ。
コンデンサーが焼けた独特の臭気が目にしみて……

リアルに涙が出そうです(泣)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

絶壁犬はいい!法面を映せっ!

目覚めてテレビのスイッチを入れると、
すごく僕好みの映像が流れてきました。

Zeppekiken_1

            ▲赤矢印のところに犬が……

 徳島市加茂名町の眉山(びざん)ふもとの急斜面で、崩落防止用擁壁のコンクリート枠に犬が迷い込み、動けなくなった。住民によると既に5日が経過し、「自力での脱出は不可能」と判断した徳島市消防局は22日午前9時からレスキュー隊員約20人を出動させ、正午前に救出した。

 擁壁は高さ約100メートル。約3メートル四方の格子状のコンクリート製枠が積み上げられた形状。擁壁上部の茂みから下りてきたとみられ、高さ約50メートル付近にいた。17日昼ごろ、住民が鳴き声に気付き、徳島保健所に通報した。体長約70センチの雑種犬とみられ、生後数カ月程度。首輪は付けていない。(以下略)

(毎日新聞) - 11月22日17時11分更新

たいへん申し訳ないのですが、
正直、犬にも救出劇にもまったく興味はございません(汗)

僕好みの映像というのは、
その背後のコンクリート法面
(のりめん)

防災の要求と地形から導き出されたはずなのに、
まるで絵的なカッコよさを狙ったかのような造形!

工場や大規模土木工事に萌える
人工構造体フェチな僕にはたまらない風景です。

昨年度、青木ゼミ2のゼミ雑誌にて、
あとがきに代えて全員が4コマ漫画を描いたのですが、
そこで僕のフェティシズムの告白をみた人なら
きっと、納得していただけたことと思います。

       以下転載↓

4koma2005kc

Kikagakari2005

こちらが掲載ゼミ誌「キカ係」 ※工具は演出です。
 所沢&江古田校舎のゼミ誌配布テーブルで絶賛無料配布中!


ゼミの時間にボールペン一本で描いた(所要時間15分)
この漫画、ほぼ完全に実話ですよ。

というわけで、
実際にどんな模型を作っているのかちょっと公開。
最近ヒマがなくて仕上げ作業には至っていません(涙)

腕の見せ所はここから先で、
この写真ではただのグレー塗装に見える法面を
「まるで実物を150分の1に縮めたようだ〜」
と思わせるためのエイジング塗装&ウエザリング作業が
待っているのです。

Nnorimen09


Nnorimen10


ここまでコンクリート法面好きをアピールしておけば、
酸素欠乏症にかかったアムロの父親ばりに
「絶壁犬はいい!法面を映せッ」とテレビに叫んでいても
生ぬるい視線で許してくれるんじゃないかなぁと思います(汗)

  .-、  _
  ヽ、メ、〉      r〜〜ー-、__      __________
  ∠イ\)      ムヘ._     ノ      |
   ⊥_      ┣=レヘ、_ 了     | えーい、絶壁犬はいい!
-‐''「 _  ̄`' ┐  ム  _..-┴へ   <
  | |r、  ̄ ̄`l Uヽ レ⌒',    ヽ.   | 法面を映せッ!!
  (三  |`iー、  | ト、_ソ   }     ヽ   |          
  | |`'ー、_ `'ー-‐'    .イ      `、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |   `ー、    ∠.-ヽ      ',
__l___l____ l`lー‐'´____l.       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  .|      |
               ||  |__.. -‐イ
               ||   |    ノ/

【おまけリンク】 法面フェチが泣いて喜ぶページ↓

http://www.pref.saitama.lg.jp/A08/BC00/gikan/genba/ge_nori.htm

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

インダストリアルなメカフェチ的帰路

職場の研修旅行(現地集合)のため、伊香保を目指して関越道を疾走。
ボンネビルのジェントルな二気筒エンジンのリズムも、
高速では連続音のうなりとなって、
ハンドルに伝わる振動でビリビリと手を痺れさせます。

お盆の帰省渋滞は前倒しされなかったようで、意外と快調な流れ。
……だというのに、すいてる道中で、
わざわざ僕の直後にピタリとつけてくるスカイラインが!?

なんだコイツ?……と思ったら、学科主任のY教授でした(笑)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

そして研修(というよりは懇親)の会がつつがなく終了した翌朝——
現地解散なので、帰り道は好き勝手に寄り道ができます。

まずは榛名湖をめざしてヒルクライム。陽射しを浴びているというのに峠の空気は冷たくて、東京までずっとこのままでお願いしたいくらいの心地よさ。
お約束の『頭文字D』スタート地点での一枚。

20060811_akina

榛名湖からは榛名神社へ下る道を行き、そのまま南下。
国道18号に出て、東京とは逆方向へ。
碓氷峠鉄道文化むらに立ち寄ります。

以下、人目をはばからずメカフェチ趣味全開。

Dml61
なんだか判らない写真でしょうが、DD53の機関室です。
(と説明しても、一般の人には  ハァ?(゚Д゚) って感じですよね)


親子連れが競うように機関車の運転席に座って記念写真を撮っているのを尻目に、僕は運転席の背後に開いた小窓から内部を覗いて(これがDML61Zエンジンか。実物を初めて見た。ありがたや〜 ラジエターが室内配置とは、これまた思いきった設計! 除雪車としての稼働環境を考慮しての設計か? すげー)と悦に入っていました。その陶酔度がどのくらいかというと……(読み飛ばし推奨↓汗)

ロータリー式除雪車の決定版として登場したDD53は、定評ある61,000ccのDML61Zをロータリー用に改良したDML61Z-R 12気筒エンジンを2基搭載。1基走行用・1基投雪用として自走も可能だが、補機DD20の後押しによる2機関フルパワー接続の2200馬力投雪は圧倒的で、新潟地区の山間部ではその力を遺憾なく発揮した。しかし、平野部では投雪によって線路際の民家を破壊するほどのパワフルさが災いし、量産は見送られることになった。わずか3両の生産にとどまったものの、オーナーにとって、この選ばれしシーンで際だつプレミアムな存在感は、エコノミークラスのDD14タイプでは決して味わえないステイタスであろう。

 

……とカーグラフィックTV」ばりの脳内解説が、
古谷徹の声で始まってしまいそうな勢いです。

ただ、さすがの僕も、この場において落語のように
「ひとり松任谷正隆&田辺憲一」を演じてしまうほど
危険な人物ではありません(汗)

しかし、あからさまな外車信仰で有名だったカーグラのこと、もし鉄道版カーグラTVがあったなら、故障続きで使い物にならなかったDD54のドイツ製機関さえヨイショするんだろうな……なんて妄想してしまいます。

Dmh17
こちらはキハ20の水平対向8気筒 17,000cc DMH17エンジン。
実物に触れて、エンジン自体より、ラジエターファンが推進軸と同軸のシャフトで駆動されるシンプルな構造に感心しました。それだと回りっぱなしで冬場はオーバークールしないのだろうか? もしかしてファン軸のほうにクラッチがついていて切れるのか?とか、興味は尽きません。

さて、

世の99%の人を ( ゚д゚)ポカーン  と突き放す勢いで、
次の目的地は安中です。

安中といえば東邦亜鉛!

山の斜面に張りつくように安中駅の背後に迫る工場の姿は、
奥多摩鉱業とならんで関東地区の工場フェチ心をくすぐる逸品です。
最近では人気マンガ『ハチミツとクローバー』の竹本君の回想に

河が汚れるからと母はイヤがったが
夕暮れになると灯がともる
この山を覆う亜鉛工場が
父とボクは好きだった       (2巻 p.11)

……と登場するなど、少なくともDML61Z型エンジンの1万倍くらいメジャーな存在となりつつありますね。(たぶん)

とにかくこの東邦亜鉛安中工場は、以前軽井沢帰りの車窓からその偉容を見て以来、いつか改めて写真を撮りに行かねば、と思っていたのでした。

Tohozincannnaka_1

ちょっと本城直季ふうにいじってみました、Photoshopで。

本城氏はティルトレンズを使い、実際の風景をミニチュア風に写してしまう作風で知られています。■こちらにインタビューもあります。

Pgtakasaki_1

これは今回撮った写真ではなく、10年近く前に電車内からフィルムカメラで撮ったものです。高崎あたりで車窓に現れたナイスなフォルムの工場に、とっさに反応して撮ったのですが、その後、これが何の工場なのかわからないまま、ずっと
「未来派的感性をくすぐる姿だなぁ」と恋い焦がれていました。

だからでしょうか? ——安中での撮影を終えて、あとは心おきなく東京へ戻るだけとバイクを走らせていた僕の目が、街並みの向こうに突き出る煙突の形を見ただけで「あの工場だ!」 と確信できたのは。

その煙突を目指し、すぐさま脇道に入った僕は、
土地勘のなさから見事に迷路地獄にハマってしまいました。

やっと工場に近づけたかと思えば、近すぎて工場自体の倉庫に視界を阻まれたり、適度に離れていいポジションかと思えば民家が林立していて写真が撮りづらかったり、結局線路内からじゃないとカッコよい角度で眺めることができないのだと、さんざん走り回ったあとで悟りました。

そのため、新しい写真はナシですが、この工場が「P&G マックスファクター高崎工場」であるということがわかっただけでも収穫でした。

電車でよく見かける美少女の名前を
ようやく知ることができたような心境です。
(重症だな)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

帰宅してから、写真を本城直季ふうに加工するのがだんだん面白くなって、昔、東京都の工場フェチの聖地・奥多摩鉱業で撮った写真もいじってみました。ここは、垂直の断崖に張りつくように工場が建てられていて、晴れた日の午前9時から10時くらいの間に、工場を逆光にしたまま向かいの河原だけに光が射す瞬間があります。

これは、その幸運に出会えた写真。
暗がりのなかで威圧感を放つ工場を背景に
当時の足・F650GSが光の中にたたずむ瞬間を捉えることができました。

2003年5月1日 午前9:57

20030501_okutamaco

■使用カメラたち 

SONY DSC F-88(今回)
RICOH GR DIGITAL(今回
 

Nikon E-5000(昔

Nikon F2 28mmF2.8(昔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

「模型を捨ててから夫の様子がおかしい」の毒を
「監督不行届」で浄化

ホワイトデーに2ちゃんねる生活板で立ったスレ
「 鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい 」
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1142313798/

このスレに引き寄せられたのは、僕にも10年くらいこつこつと作り続けてきた鉄道模型のレイアウト(ジオラマ)を、引越中の交通事故でぐちゃぐちゃに破壊されてしまった経験があるからでしょう(涙目)。しかし、このスレの重苦しさは、僕の想像を超えたものでした。発端の「802氏」の独立スレが立ってから1日で1000レス制限を埋め尽くすという、生活板としては異例の伸びを見せたスレから一部引用します。

1 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 14:23:18 ID:037mXr68
元は
【ストレス】家族が「物を捨てられない病」3【ジレンマ】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1128500852/802-
より
 
2 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 14:23:52 ID:037mXr68
802 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/10(金) 17:32:24 ID:s2RHsW2o
上にコレクションについての話がありましたけど 
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした 
鉄道模型でしたけど 
 
かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした 
結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが 
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい 
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました 
 
帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました 
残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです 
 
でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました 
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり 
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって 
 
あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが 
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい 
かえって私が苦しくなってしまいました 
 
これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです 
こういう場合ってどうしたらいいんでしょう 

3 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 14:24:46 ID:037mXr68
828 名前:802 投稿日:2006/03/11(土) 12:21:02 ID:ImOgEUVz
皆さんありがとうございます 
 
今朝出勤前の夫と話をしました 
謝ろうとしたのですが 
「君の気持ちに気づけなかった僕が悪いんだから」 
という答えしか返ってこなく謝らせてもらえませんでした 
 
取り戻すか新しいのを買おうとも言ったのですが 
「もういいんだ」を繰り返すばかり 
 
考えてみれば夫のコレクションは結婚以来ほとんど増えてません 
昔からのものばかりだったのでしょう 
夫の部屋の中だけでしたし掃除もしていました 
(共働きのため家の掃除は殆ど夫がしています) 
 
ただ新婚の家に既に夫のコレクションが沢山あったので 
私は結構苛ついていたんだと思います 
別に部屋に籠っているというわけでもなく 
二人で映画を見たりご飯を作ったりしている時間の方が遥かに長かったのに 
なぜか私は苛ついていました 
 
本も読まなくなってしまいました 
私が見ているテレビを後ろからボーと見ているだけ 
 
謝らせてもくれないぐらい傷つけてしまったんだと思います 


6 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 14:37:24 ID:C9HWOUWN
うん、なかなか酷い話だ。
次に旦那が捨てるのが奥さんでその次が自分の命かな?と思う。


68 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 15:54:26 ID:OZ998oZA
ていうか「あてつけ」って事にしておきたいんだろうな。
自分の側に正当性を確保しておきたいって訳だ。


70 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 15:56:24 ID:5yyM1e/g
怒り狂うのがわかってて捨てた

怒らない

ちゃんと怒ってほしい
 
マゾかかまってちゃんですか?

253 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 17:13:11 ID:Ht6pGKnC
>>211
この夫はコレクションだけを失ったんじゃない。
もっとも信頼すべき人をも一人失ったんだ。
火事の方がある意味マシ。


311 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 17:46:34 ID:cInDVzLf
まあネタだろうと思うけど
802を信用するとすると
模型を処分したのは昨日今日のことじゃないよな。
何日か何ヶ月か前のことだよな。
 
で今になって、私が苦しくなってしまいました、恐いのですって
自分のことだけなんだよな。
 
それで後付で
傷つけてしまったんだと思いますって
今朝(!)出勤前の夫と話をして
謝ろうとしたんだよな。
 
どう見ても旦那を傷つけたと反省しているとは思えないんだよね。
旦那も今さら謝られてもどうしようもないだろう。

332 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 17:54:39 ID:rNQuxbIZ
旦那に旦那から来たメールを全部消されたときは泣いた。
喧嘩して旦那のケータイから私のケータイ番号とアドレスだけ消したからなんだけど。
 
次の日私のケータイから旦那のケータイ番号とアドレス、今までくれたメールが全部消されてた。
子供が生まれるときに心配してくれたメールなんてロックして後で子供に見せようと思っていたのに。


445 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 18:51:17 ID:ouTX1Wl1
ヒヨコの時から大切に育てて来たチャボが
ある日帰って来たら鍋になってました、みたいなもんか。

446 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 18:51:37 ID:WDvmGDNC
>>445
お前すごいな
それだ

452 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 18:54:11 ID:OZ998oZA
「似てる様でちがう例をあげるスレ」になっとるw
 
もう802はここに来る事は無いだろうな。
捨てるの大好きな奴は自分の恥ずかしい過去なんて速攻で捨て去るだろう。

 
475 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/14(火) 19:10:39 ID:OZ998oZA
>468
そりゃ模型が戻って来たって、
「俺の嫁は俺の過去や内面はどうでもいいと思ってる女だ」
って言う事実が消える訳じゃないからね。


473 名前:331 メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 19:10:32 ID:g1Ge7lMV
もひとつ女として共感できる部分、
この人感情的すぎ。理屈っぽく見せたいかもしれないけど
旦那マンセーのこの状況が許せなくて>>298書き込んでみたものの
叩かれる
→ムキー!後出しでコロコロ意見変える
→さらに叩かれる
→さらにムキー!何で自分の意見が理解されないの!
アテクシは正しいんだから理解されて当然なの!!
 
あっ802と一緒だwそりゃ庇うわww

499 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 19:36:52 ID:NYxVLr7L
いちいち「これは大切な物だから絶対捨てないで」って説明されなければ、
なんでも捨てていいと思ってる基地外が配偶者じゃなくて良かった。


501 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/03/14(火) 19:38:32 ID:C9HWOUWN
それ以前に自分のものと他人のものの違いがわかってない奴がそんなにいるとは驚きだ。

重い……重いよ……
253さんの言うとおり、一番大事な喪失物は模型じゃないんですよね、きっと。
なんかやりきれない思いでいっぱいになってしまったので、出校前に池袋のジュンク堂に寄って中和剤になる本を買ってきました。並んだレジの人が、たまたまうちの学科のバイト学生K峰君だったのですが、恥ずかしげもなく出しましたよ、この本を!

kantoku
監督不行届』安野モヨコ(以下、出版社コメントより↓)

人気漫画家・安野モヨコ(働きマン!)と夫・庵野秀明(エヴァンゲリオン)のデイープな日常が赤裸々につづられた爆笑異色作。著者初のエッセイコミックでもあり、夫=カントクくんのオタクぶりが初めて明かされた作品でもあります。アニメ界と漫画界のビッグカップルが、こんなにもおかしく愛おしいオタク生活を送っているなんて!世界中に生息するオタク君はもちろん、オタ嫁(オタク夫を持つ妻)も共感すること間違いなしの衝撃作。


漫画で描かれる庵野カントクは模型を捨てたスレの夫以上にオタクでマニアですが、嫁はそのギャップを、ある時は厳しくツッコミを入れ、またある時は悪ノリして一緒に楽しんでしまうという現実的な手段でハッピーに転換していてステキです。

「自分がキラキラと輝き勝ち続けること以外に人が人のために本当にしてやれることなんてなんにもない」とは、村上龍『テニスボーイの憂鬱』の中の言葉ですが、模型を捨てたスレの発端みたいに、相手を理解する具体的姿勢もないのに心配しているような態度は、人のやる気をいちじるしく萎えさせるというだけで「悪」と断定してもいいくらいです。いっそ模型を売った金で一人豪遊でもして、夫が迷いなく自分を見限れるようにしてくれたほうが、まだ気分が良いというもの。

いやあ、それにしても庵野さんって、
ホントに愛すべきバカだったんですね(褒め言葉)

| | コメント (3)

2005年9月16日 (金)

MotoGP・中野・電車男・大人買い

今週末、MotoGP日本グランプリが栃木県の茂木で開催されます。
バイクのロードレース世界最高峰なのですが、興味のない人はMotoGPの名前すら知らないと思います。同じモータースポーツのF-1とは大違いですね。普通の人でもシューマッハや佐藤琢磨の名前は聞き覚えがあるんじゃないでしょうか? まぁ、フジテレビの力の入れようとも言えますけどね。

とにかくバイクの世界は救いがたいほどマイナーです。中野真矢。ハァ?誰それ?という感じでしょう。ちょうど一年前の日本GPで、カワサキに23年ぶりの表彰台をもたらした立役者なのですが……

一年前といえば、日本GPのひと月あと、もうひとり?の中野が世間を騒がせ始めます。中野独人——そう、『電車男』ですね。自分がネットにどっぷり漬かっていると、にわかには信じがたいのですが、老若男女全世代総合でみると、あれで初めて2ちゃんねるを知ったという人が意外と多い。——そんなわけで、昨年秋の「江古田文学」57号の季刊ブックレヴューで僕が『電車男』をとりあげたとき、世間ではマイナーな中野つながりというだけで、無謀にも中野真矢の話からレヴューを始めてしまったのでした(汗)

いちおうこちらに誌面のPDF置いておきます
     ↓

review_DENSYA.pdf

(1.4MB  クリックでダウンロード開始  読むのにAcrobatなどのリーダーが必要です)

年に一度巡ってくるMotoGPサーカスのおかげで、年単位の時の流れを容易に意識できるのですが、このレヴューで、一年前の僕は『電車男』映像化失敗を思いっきり断言しちゃってますね(汗) 。実際には今現在もドラマが大絶賛放映中なワケで……いやはや。

nakano……なんか前置きが長くなってしまいましたが、今日は電車男じゃなくて、中野真矢がまたがるライムグリーンの機械馬の話がしたかったんです。昨日、紀伊国屋書店で本を買ったあと、ふら〜っとお隣のさくらやホビー館に寄ったんですが。チーム・カワサキのチョロQなんてものを発見!

クルマじゃなくてバイクのチョロQ。しかもホンダでもヤマハでもなくあえてカワサキですか。そのうえ56番中野と66番ホフマンの排気管まで作り分けているという意味のわからない凝りっぷり。1,008円? この出来なら安いじゃないか。

クラクラ〜ときて、即買い物カゴに投入。

——いや〜昨日を思いだしながら書いていて危機管理の甘さに気づきましたよ。なんでお前はこの時点ですでに買い物カゴを持っているのかと! さくらやホビー館で買い物カゴをもっている意味に気づいているのかと!

だからレジのお姉さんにこう言われるんですよ。

「お買い上げ4万912円になります」

  Σ(゚Д゚  なんと。

いやー、この瞬間、正直、
120万円のバイクを即金で買った時より震えました!

単純に金額の問題じゃないんですよね。

雀百まで踊りを忘れずってやつなんでしょう。
オモチャを買う時の、
「これホントに買ってもいいのかな」というドキドキ感も
オモチャを欲しがる欲求そのものも。

冷静な目で見ると、僕らの世代が玩具メーカーで企画を通せるようになって、幼い日の欲望を今のレベルで実現した製品を投入し、オトナになって自由に使えるお金を手にした同世代の物欲を狙い撃ちにしてる構造が透けて見えるわけですが、僕は素直にイイ時代になったなぁ、と思います(←いいのかそんな無批判な態度で!)

四万円の内訳はナイショ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)