2008年1月28日 (月)

公序良俗に反するミク曲を高橋名人がプレイ!

クリプトン、「公序良俗に反する」ミク作品をニコ動から削除。判断基準も公開

というニュースが表沙汰になった今日ですが……

まさしくその削除ラインギリギリでアウト(笑)な選球眼をお持ちだったデッドボールPさんのオリジナル初音ミク曲を、僕の高校時代からの友人がベースで弾いて、ニコ動の「演奏してみた」カテゴリに参戦していました(ぉ

今も故郷北海道在住の彼ですが、念願のサッカーJ1復帰を果たしたコンサドーレ札幌の「白い恋人」スポンサー付きのユニフォームを着て登場するところがもう「わかって」るなぁ、と(笑 

僕も釣られてやろうと、曲のまったりパートのところに「提供 : 試される大地・北海道」とコメントを入れておいたら、しばらくして北海道ローカルの提供が大量に追随してて吹いた! こういう空気読みのスキルがニコ厨の恐ろしいところですよね……

その後、なんか、テクニック、手数、容姿すべてにおいて

「高橋名人」認定されてますけど、

楽器弾いてるんだから、せめて

イースタンユースの吉野さん似あたりで!

しかし、やはりニコ動的には「高橋名人」認定はオイシイ……(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

【ねずみ年】みっくみくにスナネズミ…Macで初音ミクを使ってみる

CV01初音ミク じつはけっこう仕事が山積みなのに、いまいち緊張感が出ない実家でのお正月に、Amazonから届きましたよ、この魔力に満ちた一冊が!

ついに発刊、初音ミク公式解説本

 DTM MAGAZINE 増刊
『CV01 初音ミク』

初音ミクから生み出される神曲や、電子の声で甦る名曲たちを聴いているだけでは、正直物足りなくなってきました。

そこで、音楽的素養がまったくない自分ですが、実際に使いもしないでいろいろ語るのはミクに失礼!とばかりに、当たって砕けてみることにします。

まずは本の付録についてる体験版をインストールしてみましょう。

「あ…オレMac使いだった orz」

初音ミクはWin版しかないんですよね——終了〜となるのが去年までの僕ですが、今回のお供はインテルMacだもんね、とばかりにMacBookにBootCamp環境でWindows XPをインストールして、WindowsとMacをデュアルブートできるMacBookをセットアップします。

Macの画面にWindowsが立ち上がっているのは、どうも居心地が悪い感じですが、初音ミクにとってMac環境は居心地が悪いどころか即死亡の劣悪環境なので、じっと我慢の子で本の解説に従ってミクさんをお招きします。

Cv012

本の解説がわかりやすいので、思ったよりサクサクと進みます。
実際の音作りに挑戦してみましょう。

画面左サイドの鍵盤をクリックすると、ミクさんが「あー」という声でその音程を歌ってくれるので、音感がないうえに楽譜が読めない僕でも「自分の鼻歌と同じ音を鍵盤で拾う」という原始的な方法で、いきなりオリジナル曲がつくれます!

Cv013

鉛筆ツールで音を書いていく、というわかりやすいインターフェイス。音符の長さも、あとからマウスでつまんで伸び縮みさせればオーケー。最後にひらがなで歌詞を書きこんでいきます。

本に従って音符のつながりの不自然ところをちょこちょこと直していったら、ん?なんかワンフレーズできちゃいましたよ?

あとはこれをループさせればいいかな(なんといいかげんな)

初音ミク体験版では打ち込んだ楽曲データの保存はできず、歌われた声をwavで書き出すことだけが可能になっています。そこでとりあえずこのワンフレーズを書き出して、使い慣れているMac環境に持ち込んで編集することにしました。

Win→Macにファイルを移動する方法について書いておきます。

(BootCampでWindowsをMacにインストールする際にFAT32フォーマットでWindows用ボリュームを作っておいた場合に限りますが
次の階層をたどればWin環境でデスクトップに置いたままのファイルをMac環境側から取り出せます。

WINDOWSハードディスク > Documents and Settings > (自分のUserフォルダ)> デスクトップ

最後のデスクトップフォルダのエイリアスをMac側のデスクトップに作って「Winデスクトップ」とでも名前をつけておくと便利。

映像は、ねずみ年にちなんで昔飼っていたスナネズミの動画を抜擢することにします。

使うソフトはMacにはタダでついてくるiMovieです。

Cv014

上の画像、6分割領域の上段真ん中で編集するわけですが、初音ミクで書き出した歌声ワンフレーズを、ここで「かえるの歌」の輪唱みたいに適当に重ねます。
なんたるアバウト。

おや?
インストールから二時間かからずに出来ちゃいましたよ。
思い切ってニコニコ動画にアップしてみます。



ニコニコ動画のアカウントが無くて
上の動画が再生できない方はこちらでどうぞ
        ↓
【ねずみ年】みっくみくにスナネズミ(Nifty動画)

-------------------というのが元日の午後の話。
で、アップして二日たつんですが、こんな地味なペット動画+へなちょこなミクオリジナル曲の20秒動画にも、新たにタグづけしてくれたり、AAコメントつけてくれたりする方がいらっしゃって恐悦です(汗)

こんな曲しかつくれないと弱音ハク僕でも、
体験版の使用期限14日間が過ぎたら
正規版の初音ミクを買ってしまいそうでコワイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーカロイドは体外受精の夢を見るか

Mikuroid_2最近やたらと話題に取り上げております「初音ミク」「鏡音リン・レン」ですが、「いまさら聞けない基本知識」的に説明すると、メロディーと歌詞を入力することで人の声を元にした歌声を合成することができるソフトです。

機械に人間みたいに歌わせられるってことで、つまり「楽器」のひとつなわけですが、それがキャラクターとして人格をもったことで、あたかも「歌手」であるかのような共同幻想をかもしだし、結果として年末の「初音ミク着うた配信JASRAC登録問題」に発展したのではないかと僕は考えます。

初音ミクを「楽器として使って曲を作る」ことにはなんの問題もないんですが、「キャラクターとしての初音ミク名義で」曲を配信しようと登録したことが問題になってくる、というややこしさですね。

ワープロソフトに例えれば、Wordで書いた小説にWordの開発者やマイクロソフトが権利を主張できないのはわかるんだけど、初音ミクだって「楽器」だから、ミクで制作した音楽についてクリプトンが権利主張するのもおかしいんじゃない?と問われても、なんとなくしっくりこないのはどうしてなんでしょうね。

そして開発元のクリプトンやニコニコユーザが、
ミクを「育てた」と表現するとしっくりくるのはどうしてなんでしょう? 

僕には配信問題の決着より、この、初音ミクをめぐって自分のなかに呼び覚まされる「ざわざわ落ち着かない感覚」のほうが興味深かったです。SF好きの血が騒ぐんですよ。

コンピュータが意識をもつ、というテーマはよくSFのネタにされますが、コンピュータの性能が上がって知識の集積度がある臨界に達したときに意識が生じる……なんていう古典的帰結より、初音ミクのように「楽器」が共同幻想として「人格」を発生させることで「意識が肉体の外にある生命」が誕生する……なんてアイデアのほうがはるかに魅力的です。

悪名高きコピーアットワンスが、自己同一性を機械に意識させるきっかけになって機械生命が誕生するとか ←一時この考え方、僕の中でマイブームだったんですけど(笑)、そういうSF的妄想をするのが好きなんです。

「認めたくないものだな。
 理屈で取り繕うほどに、みっくみくにされてる自分を……」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 2日 (水)

新年からツイてる話・鏡音リンはレンの女装姿ってことで

いま正月を北海道の実家で過ごしているところです。
ボーカロイド・初音ミクも実家は北海道ですね。
(初音さんの実家→クリプトン・フューチャー・メディア) 

鏡音リン・レンという姉弟?兄妹?が新たに加わったボーカロイドシリーズですが、リン・レンといえば、北海道に飛ぶために羽田空港へ向かう電車の中で、

「いま覚醒して気づきました!
 
鏡音リン・レンはレン(♂)が本体で
 リンは女装した同一人物
ですね!」

という携帯メールをゼミの学生からもらい、おお、その発想はなかったわ、両方とも「ツイてる」んですね(何がだ!)こりゃ縁起が(・∀・)イイ!……とすぐさま返信し終えて気づいたら、モノレールの乗換駅を乗り過ごしてました(汗)    まあ、品川まで行って京急に乗ればいいんでOK。……それにしても、僕が担当してる学生たちは、性別越境モノが大好きな先生の空気を読みすぎです。男女見境なく女装少年の魅力に覚醒させるのは人類の行く末的にまずいよね(←教育者的な意味で)

しかし、鏡音リンのアイテムが、黄色い重機的&ジョジョ的な意味で「ロードローラー」に決まりそうだとは、ホントにニコ動文化は先が読めなくて面白いですよRinね! ネギ娘の次は重機ロイド&ショタロイドかよ、

 
以下ニコ動の関連動画 WRYYYYYYYYYN!

 すべての元凶→→→→→→→sm1667273 
 重機以外もう考えられない→sm1925468  
 舗装最速伝説→→→→→→→sm1924663
 正月なのに盆の予定が決定→sm1908386

    画像はsm1925468より。まさしく暴化ロイド→

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

G戦場の赤い戦車

富野由悠季監督の講演をまのあたりにした帰り道で買った日本橋ヨヲコ『G戦場ヘヴンズドア』の続きが気になってしかたない日々を最近過ごしていたのですが、発行から数年たっているせいか近所の本屋は在庫全滅。

今日はなんとか所沢の授業の帰りに練馬駅近くの本屋で2巻を発見しました。

しかし、連載中のものならいざ知らず、これはすでに完結している漫画。2巻を読んだら続きへの渇望感はさらに高まるばかりで、結局電車で池袋のジュンク堂まで出て買ってきてしまいました。

 

いやもう、なにも言えない。
鉄男が久美子の背中に描いた絵、震えた。
というか、なんで僕は
こんなに久美子の絶望感にシンクロできるんだ?

うまく言葉にできません……

さらに追い討ちをかけるように
作品を読み終えたあとの作者のあとがき——
ここでYAPOOS(戸川純)の『赤い戦車』を持ち出すとは

反則ですよ(涙)

ただちに脳内再生できる(つまりハマってた)人にとって
『赤い戦車』はこの世に存在する
どんな戦車よりも強力な兵器なのですから。

やわらか戦車なんてお呼びじゃないのですよ(汗)

若い頃にあの歌に引っかかってしまう人って
きっと本当におびやかされた経験をしたけれど
それで(死を選ばなかった、ではなく)
死を選べなかった人だと思うんです。

Gsen

手前が『赤い戦車』収録アルバム YAPOOS「ダイヤルYを廻せ!」

iTunesが入ってるパソコンなら
『赤い戦車』冒頭の30秒

♪水彩画より油絵の凝固した色味にも似た
 迷いなく確固たる動かぬ血の色の野望
 Red Bloody The Will Is……

までなら無料視聴できます→ 【[Click] iTunes URL】
150円でダウンロード購入すればサビの

♪傷を染める清冽な赤 凝視するほど傷は癒える
 ペインティングス 赤く輝く血は源泉
 死人じゃないってこれほどまでに確信する色

 突き上げるあつい想いが描きなぐった血の色の

 ペインティングス まるでキューブな自己実現
 生きるために生まれたんだと確信する色

まで思う存分聴けますが、
あえて他人に、聴け! とは押しつけたくない曲ですね。
気づかないでいられるほうが、きっと健康——
そんな感じです。

最近はやりごとのように、いじめ自殺が連鎖してますが
どうもね、出会ってないような気がするんですよ
『赤い戦車』みたいな存在にね。

誤解のないように書いておくと
『赤い戦車』にしろもっと即効性のある何かにしろ、
外野の思いこみで押しつけたってダメ。
弱ってるガキが自分で出会わなきゃ意味がない。

面倒をみるってのと育てるってのは
似ているようでまったく別のことですから。
過剰サポート抜きに「自分で出来た」という実感がないと、
成長なんてありえないでしょうに?

……いかん、なんか説教臭くなってきたので
  ここらへんで強制終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

継母継子モノとしてのエウレカと普通の恋

ニルギリスの「sakura」を4クール目、
最終クールの主題歌に据えたエウレカセブン。
なるほど、
ちょうど東京で桜が咲くころに最終回を迎えることが織り込み済みですね。

さて、今朝の「交響詩篇エウレカセブン」ですが、僕がずっと気になっていた

エウレカを"ママ"とまで慕っている三人の戦災孤児の親を殺したのが、他ならぬエウレカ自身であるということを、よもやスルーしたまま最終回を迎えはしないだろうな?——という危惧にちゃんと答える回になりました。

というか、三人の子のひとり・モーリス、やっぱり気づいてたんだよね。

「忘れてないよね。ママは本当のママを殺したくせに。取りあげたくせに。ぼくたちにはママしかいないのに、一人で逃げださないでよ。勝手にぼくじゃないヤツを好きにならないでよ」

継母継子、あるいは母親再婚モノの
基本と言いますか王道と言いますか、ちゃんと突いてますよねぇ

とにかく

「戻せよ、全部もとに戻してよ」

と「ママとオトコ」にライフルを向けてつぶやくモーリスの言葉は、
直球で本質に届いていて
それしか真の解決はないけど、絶対不可能ということもわかっている
そういう種類の叫びなんですね。

モーリスのキャラ造形はガンダムのカツ・コバヤシのパクリじゃないか? という心の声に負けちゃダメですよ(笑) その手の心の声にうなずき過ぎると、なんでも過去の名作に収斂してしまって、純粋に新しく出会う作品を楽しめなくなっちゃいますから。

と書いていたら、アタマの中で連想回路が起動し、
菊地成孔 Feat. 岩澤瞳の名曲「普通の恋」が鳴りだしました。


♪ 11歳でドストエフスキー
♪ 15歳でエヴァンゲリオン 
♪ 最悪のコースに溺れていたの

♪ 半端に高いIQがいつでもいつでも邪魔になって
♪ 革命ばかりを夢見るけれども何もできない
♪ 悶々として暮らすうちに いつのまにか憶えたことは
♪ 自分の手首をちょっと切ること


……あ、一部だけ抜きだすと、こんな酷い歌詞ですけど、
8分44秒という長めの曲のなかに
ちゃんと物語があって

「人類が決してやめようとしない
 そこらにころがる普通の恋」

に帰着する救済があります。

B面(って言わないよもう。CDだからカップリング)の曲「フロイドと夜桜」も
すごくヘンだけどヨイ曲で、オススメの一枚です、コレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

チェリーブラッサム舞い散る君の声に

いやはや、何ヶ月ぶり? 

あけましておめでとう、も、昔好きだったひと四人ぶんの誕生日と今は亡きペット五匹ぶんの誕生日も、年の初めから今日までの二ヵ月ばかりの間に詰まってたことに今思い当たりました。そのうちのn人は今でも好きです(私信)私信?

……さて、その二ヵ月ばかりのどこかで立ち寄った何かの店先に池があって、そこに朱色の金魚がたくさん泳いでいたわけですが。

「金魚」という名前から「カネ(現金あるいは金の延べ棒のアレ)の魚」というイメージを連想する人は少ないと思います。

字面から見れば、そういう感覚を持つ人が50パーセント超えてもいいような気がするのですが、これはきっと、金魚という言葉を、漢字なんてほとんど書けない幼い日に知ってしまうからでしょうね。

「キンギョ」という音と、あのバーミリオンに染まる小さなサカナの結びつきが全てで、「金魚」という漢字はあとからついてくる。……そういう出会い方をする人がほとんどだから、金という表意文字が、表に出てこれないのかもしれません。

名前というのは強い力をもっていて、
一度それをその名で知ってしまった人には
違う名で呼ばれるそのものの姿を見ることはできない——

もしそうなら「桜」はどうですか?

英語では「Cherry tree」 チェリーが成る木です。
チェリーは日本語ではさくらんぼですが、それはあくまで桜という木に成る実だからさくらんぼなのであって、さくらんぼ→チェリー という翻訳は、確立しているようで肝心のところが抜けています。英語の認識ではチェリーが先。日本の認識では春に短く咲き乱れる桜花が先です。桜花は桜花であって「Cherry blossoms」ではない。——チェリーを成らせる花なんて回りくどい認識をする日本人はほとんどいないんじゃないでしょうか?

アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の最終クールのオープニング主題歌がニルギリスの「sakura」になって(ニルギリス公式サイトはこちら。音出し注意。3/1現在、まさにその曲がかかります)たまたま昨日がリリース日(iPodにテレビからエンコードしたmp3を半月ばかり前に入れていたので、まだ売ってなかったの?という感じ)だったこの曲は、なかで唄われる歌詞は「Cherry blossom」でありながら、タイトルは「sakura」なんですね。

判っててやってるのかな?
それとも天然かな?
どちらにしても、けっこう知能指数高いやり口ですね。
好きですよ、こういうの。

知らず知らず「チェリブラッサ♪どこまでも舞い散る君の声に」と口ずさんでいる自分に気づいてハッとしたりします(汗)     誰が何といおうと、口ずさんでしまう曲というのは、文字通り「聞き捨てならない」曲なのです。

何度か聴いていると、「卒業」という歌詞はなくても、これが「桜」にかけて「卒業」を歌った曲なのだと気づきます。「♪夢心地の朝一番に差しこんだ光と終わってしまう恋 明日からは別々の道 そんな突然心の準備が出来ない 縮まらない何かを僕らは知っていたの?」
こうして文字だけで書くと赤面ものですけど、
曲として聴くと、ストレートすぎて逆にイイところまで行ってますよ。
「チェリブラッサ♪涙すべて忘れて、今からFall in Love 届きますか?」

さて、明日は僕の職場・日芸文芸学科入試の二次試験です。
入試実務委員なんて責任ある立場を拝命しているので、いまこの時間になっても「あれ、なんか大事な準備を忘れてないか?」と不安になるのですが、まさしくリアルに「卒業」をひかえ、文芸学科に挑戦してくれる受験生のみなさんは、もっとドキドキしていることでしょう。挑戦のステージづくりにベストを尽くそうと思います。

意志と力ある人に正しく「桜/Cherry blossoms」が咲きますように!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

マイアヒ→もすかう→デスかう

「恋のマイアヒ」のヒットに味をしめたエイベックスがモナーAAから生まれたキャラに「のまネコ」と勝手に命名して商品化しようとしたインスパイヤ騒動はみなさんもうご存知の通りです。そんなこんなでマイヤヒ〜もそろそろ衰退しそうな感じですが、はやくも空耳FLASH分野でこいつをリプレイスする勢いなのがジンギスカンの「もすかう」こと「めざせモスクワ」ですね。

こちらの紹介記事をどうぞ→[押せ]

それがついにデスノート界に飛び火
こんな空耳FLASHまで登場する始末です→[押せ]

「無職童貞ニジウラセブン」よりウケたっす(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

ライジングサン・ロックフェスティバル in EZOへ

北海道に渡ってから日記更新ご無沙汰してました。
本日これから北海道の友人たちとエゾロックに向かいます。
苫小牧の天候は雨。現地の札幌はどうかな? ちょっとヤバめ。

僕の今年の狙い目はDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(略称「DCPRG」とか「デトコペ」とか) 、吉田美奈子 & THE BAND。リリー・フランキー×猫ひろしがデトコペと時間帯が重なるのが惜しい。

なぜか「北海道篇」になってから文体がですます調になっていますが、間違いなくwritten by 青木KCでお送りしております当プログ「世界はゴミ箱の中に」。いろいろ書きたいことはあるので、エゾロックから帰ってきてから過去に向かって更新するかも……です。

これだけはちょっと触れておこうかな。
昨日、10年ばかり昔に17歳で文學界新人賞をとってデビューした篠原一〈しのはらはじめ ♀〉(当時は17歳の天才少女としていちおう話題になったものです。去年の綿矢りさほどではなかったけど)が 「すばる」8月号に掲載された短編小説「19℃のロリータ」と、1998年に祥伝社から刊行された楠本まきの漫画「致死量ドーリス」のストーリーが酷似している上、同じ表現が数カ所あることが分かって、ネットのあちらこちらで論議の火の手が上がっていました。すでに本人サイトは閉鎖されていますね。

デビュー当時リアルタイムで知っていた僕からすると、何を今さらという感じで 10年ほど前にも
「ていうかこのデビュー作、村上龍の『限りなく透明に近いブルー』やんけー!」
としょっぱなから総ツッコミを入れてました(笑)。
デビュー作の帯に坂本龍一が推薦文を書いてて、ああこれはもう龍サン公認なのね、といろいろ裏を勘ぐったものでしたが。 

でも、メンヘラーゴスロリ腐女子(篠原さんそうらしい)が「楠本まき」をパクっちゃまずいでしょ。そのまずさに気づかなくなっていた時点で、篠原さん煮詰まってたんだなー、と思います。

ああそろそろ札幌に向けて出発しなきゃ。
パロディと盗作の間の壁について書きたかったんだけど、それはまた来週ということで。
では行ってきます。8:40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

あやまちは覚えていれば繰り返さない?
終戦の季節と火垂るの墓とサンボマスター

あくまでも俗説だけど、
女性は生理の血で身体の有毒物質を排出するので長生きなんだ
という話がある。じゃ、男性は?

ヒゲだよ。毎日ヒゲ剃りしなきゃならないのはそのせいさ。
——そういうオチの笑えないジョーク。

でも、毛や爪に有毒物質がたまるのは本当で、
そのオチにも真実のカケラはほんのちょっと備わっている。

夕方、暑さに負けて久々に髪を切ったのでそんなことを思いだしていた。

この春この街に引っ越してきてから初めてのカットになる。近所の店を開拓しなければ、と、昨日から駅前にいくつもある美容院や理髪店を外から眺め、どこに入ろうか考えていた。演出過剰な店構えではなく、おしゃれさは忘れていないが庶民的なスキのある店というのが好みだ。仕事から帰り、眼鏡を外してコンタクトをつけ(眼鏡だと切られてる最中に外さなくてはならないので、様子がわからず不安なのだ)まぁここだろうな、と目星をつけていた店に飛び込みで入った。

めずらしく一発で当たり。次からもお世話になろうと思う。

帰ってきてテレビをつけると『TBSテレビ50年〜戦後60年特別企画〜“ヒロシマ”…あの時原爆投下は止められた…』という番組が放映されていた。いまこれを書いているかたわらで、こんどはアニメ『火垂るの墓』が始まっている。

ああ、終戦の季節だ。と、終戦記念日が誕生日の僕は思う。

しかし、なにか、みんな、ウソくさい。
あやまちを覚えていれば、忘れなければ、繰り返さないのだろうか。 
その「忘れない」ってのは、いったい誰の記憶なの?
人間って、本当は「自分で」失敗してみるまで気づけないんじゃないのか?

身も蓋もない考え方かもしれないが、正直、そう思う。
そう思いながら、
一昨日買ってきた
サンボマスターの新曲『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』を聴く。

恥ずかしげもなく単純に「愛と平和!」と彼らは連呼する。
しかし、同じ曲の中で、彼らは切羽詰まったリアルな気持ちを歌う

 昨日のあなたが偽(うそ)だというなら
 昨日の景色を捨てちまうだけだ

そしてまた、

 昨日のアナタが裏切りの人なら
 昨日の景色を忘れちまうだけだ

愛する人のあやまちを自分が許せないなら
世界ごと今までの過去なんてなかったことにしてしまえ
——そういう意志を秘めたコトバだ。

過去に同じ種の感情を揺さぶられた曲があったのを思いだす。
カセットテープはどこかに埋もれ、曲名も忘れてしまったが、
その綿内克幸(わたうちかつゆき)の曲のフレーズはしっかり憶えている。

 世界の憂いよりも、
 今はただ、しなやかな君の声を聞いていたい
 からっぽの日々にさよなら
 君のいない未来は愛なき世界
 たとえどこかで兵士が倒れていても
 二人きりでいよう

フリッパーズギター以後の「渋谷系」音楽のかたすみにいた人だ。
たぶん1994年か95年。
こんなに本当の気分を歌っていいものかと……ハマった。
そう、
隣にいる愛すべき人との間にさえ平和を築けない人が
いくら世界平和を説いても僕は信じない。

原爆とか戦争とかの「巨悪」を持ち出して
予防注射のように罪の意識を植えつける人の考えの奥に
ほんとうにあるものはなんなんだろう?

僕は
包み隠さない自然な感情として『火垂るの墓』の映像を不快に思い
いま、テレビのスイッチを切る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)